引っ越しの手続きは、とにかく書類で行うものだけでも、それなりの数をこなす必要がありますよね。
おまけに引っ越し前と後では、この書類で行う手続きにも違いがあるわけですから、やはりとても面倒に感じてしまう方も多いのではないでしょうか。
今回はそんな引っ越しで必要な書類の手続きを、引っ越し前と後に分けてみていきたいと思います。
それではまずは、引っ越し前に行う必要のある書類の手続きを見てみることにしましょう。
まずはやはり何といっても、転出届です。
市役所、区役所、町役場…それぞれ地域の規模により名称が異なるものの、主にこの窓口で行います。
同様に国民年金や国民健康保険も、加入している場合は手続きを済ませますが、会社員の場合は特に必要ありません。
また、ライフラインの手続きも必要となってくるので、電気やガス、水道、そして固定電話やインターネットなどの手続きも行いましょう。
これらの中には、書類だけではなくネット上や電話連絡のみで済ませるものがある場合もありますし、中には立ち合いが必要になるものもあるようです。
郵便物の転送届も忘れずに手続きをしておくようにすると、郵便物が新居に届かない!という状況を回避することができるので、これも忘れずに手続きをしましょう。
専用の書類(郵便局にあるはがき)で行うこともできますが、ネット上でも行うことが最近ではできるようですよ!
必要最低限、引っ越し前にやっておくべき書類関係の手続きは、このようなものがあります。
引っ越し比較は一括見積もりサービスがお得!【無料】で引越し業者が決まったら、荷物をまとめながらこれだけのことをしなくてはなりません。
では、引っ越しをした後は、どのような書類関係の手続きをする必要があるのでしょうか?
当然、転出届をしたわけですから、転入届も同様にしなければいけませんし、国民年金や国民年金の手続きも同様のことがいえます。
これだけではなく、ライフラインである電気やガス、水道も同様ですし、固定電話やインターネットも回線を新居でつなぐのであれば、手続きをしなければいけません。
中には運転免許証を所有している方もいるかと思いますが、その方は運転免許証の住所変更をする必要もあります。
また、自動車やバイクを所有している方は、車庫証明申請やそれらの乗り物の登録変更も必要となってきます。
金融機関やクレジットカード、NHK、携帯電話などの、住所変更もし忘れのないように気を付けましょう。
このように、引っ越しをする場合は、引っ越し前と引っ越し後…それぞれ書類上で行わなければいけない手続きがあるので、きちんと忘れずに行うようにしましょう!